[戻る] 
Browse  
 
 自分の品格
渡部昇一・著  三笠書房
 
 人に「一目置かれる人」が例外なく持っているもの

 人でも、あるいは国家でも、品格というのは大切なことだ。それはその人、その国のトータルな「資質・力・可能性」を表わしているからだ。品格のない人、品格のない国に、これらのものを期待すべくもないのは明らかだろう。
 ところで、この品格は、その人、その国のプライドに大きくかかわっている。いわば、品格はプライドの高さが生み出したものといってもよい。プライドのない人、プライドのない国家に品格がないのは、まわりの人、あるいは世界のいくつかの国を見ればよくわかると思う。
 では、その大事なプライドというのは何かと言うと、二つの意味があって、いい意味では「誇り」であるし、悪い意味では「高慢」である。どんな美徳でも、それがオールマイティにいいものだということはあり得ない。いろいろな側面を持っていると考えなければならないだろう。勇気は人間にとって大切なものだと言うけれども、過ぎれば蛮勇になってしまうし、かといって少なすぎては臆病になる。
 このあたりの兼ね合いは難しいものなのだが、品格がある人、品性の高い人というのは、周囲の人たちに比べて、「卑しいことはやらない」という高いプライドを持っている人のことだ。あるいは、辱めを受けないということを、肝に銘じている人のことだろう。そしてこのプライドを持ってこそ、人は自分の限界を破っていけるのである。
 幕末や明治の初期に日本に来た外国人たちが、「日本人には二種類ある」と言ったのは、当時日本には品格のある人間と、そうではない人間がいたということを、実感として感じて表現した言葉だと思う。つまり、彼らは当時の武士とそうではない人たちの違いを的確に言い当てているのである。
 幕末から明治初期に来た外国人たちの目に映ったのは、ものすごくプライドの高い武士たちと、やたらとペコペコする商人たちだった。当時はすでに落ちぶれ果てていたとはいえ、武士は武士だから、辱められれば相手を殺して自分は腹を切るという覚悟はちゃんとできていた。これはやはり外国人の目にはすさまじいものに映ったと思う。
 ところが一方では、地方から横浜あたりに来て、外国人におべっかを使って、必死にくっついて、何がなんでも儲けてやろうという、商人の名に値しないような人たちもいた。こういう連中とプライドの高い武士の二種類いることに、当初外国人たちはとまどっていたのである。
 だが、日本の場合にはわりと早い時期に、外国と商売するような大きな商業については武士が取り仕切るようになっていった。元来は武士であった人たちが会社をつくったりしたのである。一般に、日本における株式会社の始まりとされている亀山社中をつくったのが坂本龍馬であることを見ても、それはわかると思う。
 けっして商売上手というわけではなかったろうが、こうして武士たちが商業に携わっていったおかげで、イギリスは日本を品格ある国と評した。
 その現われが、明治35年に結ばれた日英同盟である。他の国とは平等の条約など絶対に結ばなかったイギリスが、日本とだけは平等の軍事同盟を結んだのだ。これは、いかに当時の日本に品格があったかを物語っていると言える。
 そのころのイギリスから見れば、東洋人というのはすべからく軽蔑すべきものだった。まともな人間としてはまったく扱っていないのである。それは、イギリスがビルマに対して行なったことを見れば一目瞭然だ。
 イギリスがビルマを併合したのは1886年だから、明治19年頃の話なのだが、イギリスはこのとき、ビルマの国王をつれさって、王女を下っ端のインド兵あたりに与えてしまっている。王女をもらった男には、すでに夫人がいたわけだから、王女とはいえ、彼女はこの男の妾のようなものだ。こんな悪辣なことをイギリスは平気でやっていたのである。ちなみにこの王女の子孫はまだ生きていて、顔だけはかつての王族の気品が残っているが、学問も受けられず無学なまま生活している、というような記事を読んだことがある。
 それはともかく、ビルマの例を見るまでもなく、要するにイギリス人から見れば、東洋人はインド人だろうがシナ人だろうが何だろうが、ひっくるめて獣のごときものにすぎなかった。だからこそ、人間以下に扱っても平気だったのである。これは本当なのか嘘なのかわからないけれども、上海あたりの公園には「シナ人と犬は入るべからず」というような立て札があったと言われている。犬がこの立て札を読めるかどうかは別として、それほど東洋人は見下されていたのだ。

 
この「恥」を知って人は「強い人」に

 ところが、彼らは日本人に対してだけは、全然態度が違っていた。
 なぜイギリスは日本に対してだけは態度を違えたのか。一つにはまず、文久2年、1862年に起こった生麦事件が原因している。
 この事件は、神奈川の近くの生麦村(現横浜市鶴見区)で、薩摩の島津久光の行列へ暴走した馬に乗って突っ込んできたイギリス人を、従士が無礼討ちした事件である。このときイギリスは、イギリス人を殺傷してしまったことに対する賠償金を、当然のこととして幕府と薩摩藩に要求した。幕府はイギリスの圧力におびえて賠償金を支払い、残りは当事者の薩摩藩からということになったのだが、上意討ちは武士の習いと薩摩はイギリスの要求をつっぱねてしまったのである。
 イギリスは、多少威嚇すれば簡単に賠償金は取れるとふんで、その翌年6月薩摩本国へ艦隊を送って結局薩英戦争になってしまうのだが、薩摩藩は意外に強くて思惑どおりにはいかない。とうとうイギリス艦隊の艦長が戦死してしまい、イギリス艦隊は錨を切って逃げて行くという事態にまでなった。
 錨を切るということは、欧米の海軍では敗走と同じくひどく不名誉なことである。日本はまだそのようなことを知らなかったから、戦後イギリス艦隊が返してくれと言ってきたので、その錨を快く返したということなのだが、とにかくイギリスとしては、日本はその他の東洋とはちょっと違うぞという手応えを実感として持ったのである。
 生麦事件や薩英戦争だけではない。その後、続々とイギリス人たちを感服させるようなことを日本はやってのけるのである。日清戦争の勝利ももちろんそうなのだが、一番驚かせだのは、清末に中国の華北に起こった北清事変のときではないかと思う。
 北清事変とは、最近の歴史の教科書では義和団事件とも呼ばれているが、1900年北京を中心に起こった反キリスト教をかざした反乱のことである。その後、清国政府もこの反乱に荷担したため、実質上は北京にある外交の出先機関をすべて打ちこわし、外国人を皆殺しにしようという戦争に発展した。当時北京には、イギリスはもちろん、日本も含めて8カ国ぐらいの国が入っていたから、攻め落とされれば確実に殺される。そのため連合軍を組織して戦うことになるのだが、指揮官はイギリス人だった。このとき、軍規厳正で一番よく戦ったのが柴五郎の指揮する日本軍だったという。しかも日本人は、厳しい戦況の中でも落ち込んで暗くならず、常に朗らかで士気も旺盛だったということで、この指揮官に多大なる感銘を与えているのである。
 結局、反乱は鎮圧され、連合軍は北京を占領するのだが、乱後の規律についても日本軍は断然よかった。規律に優れると言われ、当時世界で一番裕福だと言われていたあのイギリスの軍隊ですら略奪行為をしていたのに、日本軍はそんなことはほとんどやっていない。それを見ていたシナ人は、日本人の支配区なら大丈夫だということで、日本の旗を立てるようにまでなったというのである。
 イギリスは当時、何と言っても世界に冠たる国だったから、いろいろな国のありさまを観察できる立場にあった。だから、他の国々と比較しても日本はちょっと違うぞ、という実感を持った。こうして、イギリスは、この国とならば対等の条約を結んでも大丈夫だし、ロシアの備えになり得ると考えたのである。こうして日英同盟という、当時の世界を驚愕させるような対等な軍事条約が成立したのだ。
 これはある意味では大変なことだった。というのも、それまで四百年間にわたって続けられてきた、白人による世界のアパルトヘイト化、つまり、白人が主人で混色人種は奴隷あるいは召し使いという構図が、ガラリと崩れたことを意味するからだ。そしてその後の日露戦争においても、そのことが実証された。日本軍の観戦武官になったハミルトンという将軍なども、日本軍の規律のよさに、ほとほと感服しているのである。こうして日本軍が世界から一目置かれたがために、乃木希典大将も東郷平八郎元帥も外国から最高の尊敬を集めることになったのだ。
 それもこれも、日本人として恥ずかしいことはしないという意識が、日本人の中に強くあったからではないだろうか。国の恥になることはやらないという意識が、日本人は他の後進国に比べて桁違いに強かった。皆が皆そうだったとは言わないが、その意識は先進国並みかあるいはそれ以上だったのである。

 ★なわ・ふみひとのコメント★
 
この内容を読みますと、戦後60年以上も日米同盟(もとは「日米安全保障条約」という名でした)という形で外国の軍隊に占領され続けているこの国から“品格”が失われてしまったのはやむを得ないことかもしれません。国の矜持を失った国民は、自らの品格をも貶めて、いまや拝金主義と自己中心主義に染まった惨めな姿を露わにしつつあります。戦後におけるアメリカ(を裏から支配する層)の「日本改造計画」がいかに緻密で徹底したものであったかがわかります。

 
[TOP]