[戻る] 
Browse  
 
 運命を拓く――天風瞑想録
 中村天風・著 講談社
 
 恐怖への戒め

 今日は、人生、人として生きていくときに、何をおいても一番戒めなければならない重大なことを語ることにしよう。それは“恐怖”ということである。
 恐怖観念、詳しくいえば、病はもちろん、人事世事一切の出来事に対して、物を怖れるという気持ちくらい、価値のない結果を人生にもたらすものはない。ところが、今までのあなた方は、ちょっとでも体が悪いとすぐ戦(おのの)き、怖れている。わずかな運命に見舞われても、それがとてもどえらい運命になってしまうように怖れてしまう。毎日の人生一切の出来事に対して、この恐怖観念で応接しているという場合が多い。
 このくらい、人生というものを哀れな状態にするものはない。なぜかというと、恐怖すればするほど、価値のない結果が人生にくるからである。因果律の法則で、どうしても、そうなるように宇宙真理が出来ているのである。
 ベーコンという哲学者がいった言葉に、「人の大いに怖るるところのものは必ず、遂に襲い来るべし」というのがある。これは正に、このコンペンセーション(報償)の法則が必然的のものであるという信念で人生を考えている偉大な哲学者の言葉である。
 宇宙霊という生ける大きな生命は、常に我々人間の心で思ったり、考えたりする事柄の中で、特に観念が集中して注がれると、咄嵯にそれを「現実のすがた」に表現しようとする自然作用があるのである。
 瞬間的でも、観念が集中されたとすると、宇宙霊の力を受け入れる“鋳型”が用意されたことになる。そうすると、その恐怖している事柄が、やがて事実となって現実化してくる。感情というものは、その種類がいかなるものであろうと、我々の肉体や人格に影響せずにはいられないように出来ているのである。
 だから、常に感謝と歓喜という積極的な感情を持っていれば、肉体や人格に良い影響を与えるけれども、反対に、怒ったり、怖れたり、悲しんだりする消極的な感情や情念は、実に悪い影響を持ってくる。中でも、この恐怖というものは、一番の印象力をもっているのであるから、早晩、その怖れている事柄が現実になって、形象化されるのが当然である。
 嘘でない証拠に、回復のはかばかしくない病人をジッと見ていると、誰でも、思ったり考えたりしている事柄がすべて消極的である。わずかなことにもビクビクして、ちょうど水の上を、重い荷物を持って歩いているような気持ちで生きている。「到底一生、健康なんかになれるはずがない。一生こうして苦しめられ続けて死んでしまうんだ」というように、人生を極めて消極的に独り決めし、何事に対しても、少しも安心していない。因果律の法則は、そういう考え方をしている人に、不健康や、不運命を、最も“苦い”形で作り上げてしまうのである。
 反対に、一切の雑念妄念を統制し、自分の人生を積極的に断定して生きる人は、よしや健康を損じたときでも、不運に直面しても、そのことを恐怖で考えない。だから、因果律の法則によって、より良い事柄が現実に姿を現わしてくれる。
 結局、やたらと物事を恐怖観念で考えるのは、「宇宙霊と人間との関係を強く信ずる」という信念が欠けているからである。だから、人間を弱い方面からのみ考えずに、もっともっと強い方面から考え直すことである。つまり「自分の生命の背後には、見えないけれども宇宙霊が、自分を抱き締めるように、自分と共に在るんだ!」というようにだ。
 ちょっと何か恐怖的に物を考えるような観念が出たら、積極的言葉で吹き消してしまいなさい。「自分の尊い生命を守ってくれる心の王座には、恐怖というような悪魔は入れないのだ!」と。
 
[TOP]