ガイア・シンフォニー間奏曲
龍村仁・著  インファス
1996年1月刊
 

■ 植物と心を通わせ共鳴し、心に描いたことが現実になる

  映画『地球交響曲(ガイア・シンフォニー)』の最後の楽章「誕生」の中で、私はアメリカの宇宙物理学者フリーマン・ダイソン博士の次のような言葉を引用した。
  「入間の想像力は単なる絵空事ではない。人間は心に描いた事を必ずいつか実現する。そのために。神は人間に想像力を与えたのだ」
  ダイソン博士は、わずか19歳の時イギリスから招かれてアメリカに渡り、アインシュタインやオッペンハイマーなどと共に、プリンストン高等学術研究所で研究活動を始めた世界超頭脳の一人である。22歳の時、相対性理論と量子力学を統合する数式を発見し、ノーベル物理学賞の候補に挙がった事もある。
  そんな彼が“人間は心に描いた事を必ずいつか実現する”と言う。このダイソン博士の言葉の背後に、どのような科学的考察があるのかは、私には推量する術もない。しかし私にはその事が体感としてわかる。“心に描いた事が現実になる”という事を体験として知っている。『地球交響曲』を企画してから撮影、編集を経て完成するまでの3年間に、私はほとんど“奇跡”としか思えないような出来事を数多く体験した。
  その全てを書くことはできないが、少なくとも確率的には絶対にあり得ないような“偶然”によって出演者と出会い、交渉がうまくいったり、あり得ないようなタイミングで撮影が成功する事がたびたびあったのだ。もし“全てを知っている〈神〉が仕掛けたのだ”という言い方を避けるとするなら、心すなわち想像力が何らかの形で現実を動かしたのだ、としか言いようのない事ばかりだった。
  心がどのような仕組みで現実を動かすか、を科学的に説明する方法をまだ私達は知らない。しかしユングの言う共時性(シンクロニシティ)は現実にしばしば起こるし、そこに心の在り方が深く関わっているのだけは確かな事だろう、と私は思う。

 トマトと心を通わせる

  『地球交響曲』の出演者のひとり野澤重雄さんは、たった一粒のごく普通のトマトの種から遺伝子操作も特殊な肥料も一切使わず13000個も実のなるトマトの巨木を育てた人である。私は野澤さんにお願いして、映画のために種植えを行ない、13000個の実がなる巨木に成長するまでの過程を撮影した。このトマトの成長過程が、6人の出演者のオムニバスであるこの映画の縦軸となり、最後の楽章『誕生』では、幹の太さ10p、葉の拡がり直径10mの巨木に成長したトマトが、一時に5000個以上の真赤な実をつけている姿を紹介することができた。
  野澤さんになぜこんな“奇跡”のような事ができたのかの詳しい説明は、映画を御覧いただきたい、と思う。
  89年の7月、種植えを開始するにあたって、野澤さんは私に次のような事をおっしゃった。
  「技術的には何の秘密もないし、難しい事もないんです。ある意味では誰にでもできます。結局一番大切なのは育てている人の心です。成長の初期段階でトマトに、いくらでも大きくなっていいんだ、という情報(十分な水と栄養があるんだという情報)を与えてやりさえすれば、後はトマトが自分で判断します。トマトも“心”を持っています。だから撮影の時にはできるだけトマトと心を通わせ激励してやって下さい」
  この話を聞いた時、私は「トマトも“心”を持っている」という事についてはごく素直に受け止めることができた。しかし、そのトマトと心を通わせる、とはいったいどうすればよいのだろうか。「トマトさん、こんにちは、お元気ですか、今日もまたよろしくお願いします」などと声をかければよいのだろうか。ただでさえ一家言あるひねくれ者が多い撮影のスタッフの前で、私がトマトにブッブツ話しかけたり、ましてスタッフ全員にそんな事を強制したりすれば、「降ろしてもらいます」と言い出す者が出て来ても不思議はない。だからといって野澤さんのおっしやる事は、撮影を成功させるためには決して無視できない。
  撮影の初期段階では私はいつもスタッフより一足早く温室に入り、彼らが準備をしている間に密かに、声を出さずにトマトに話しかけていた。ところが撮影が進むにつれてスタッフの中にも変化が現れ始めた。実際数カ月間をおいて久し振りでトマトに会ってみると、その成長ぶりには思わず声を上げるほど感勤してしまう。つい「いやあ、お前デッカクなったなあ、エライなあ」なんて声を出して言ってしまう。皮肉屋のカメラマンまでが「スマン、今日はちょっとライトを当てるけど気にしないで」なんて言うようになった。こうしてトマトに話しかける事はスタッフの間でごく自然な事になった。
  トマトの成長がそろそろ絶頂期を迎えようとする頃だった。突然イタリアの登山家メスナーから連絡が入り、予定が変わったので今すぐ撮影に来てくれという。トマトの事が多少気にかかっていたが私達はとりあえずイタリアに向かった。イタリアに着いて間もなく、今度は野澤さんの方から電話が入った。トマトの成長がそろそろ限界に来ている、というのだ。真赤に熟したトマトが温室いっぱいに実っている光景は、この映画のクライマックスにとって絶対不可欠なシーンだ。
  私はいつ頃が限界なのかを野澤さんにたずねた。彼が指定した期日は私達が帰国できる日の10日も前だった。メスナーの撮影を途中で中止するわけにはいかない。だからといって、帰国した時、たわわに実ったトマトが無くなってしまっていたら映画全体が台無しになる。もちろん、代役を立ててカメラを回せばトマトを撮ることはできる。しかしここまで撮って来たトマトの最後の姿を他人に撮らせるのでは、トマトに申し訳が立たない。
  もし本当にトマトに“心”があるのならこの私の苦悩がわかってくれるに違いない。こんな常識はずれな事に賭けてみるのも『地球交響曲』らしいやり方ではないか。そう思った私は、イタリアからトマトに毎日念を送りながらメスナーの撮影を済ませた。帰国してすぐ、家にも帰らずスタッフを連れてトマトを訪ねた。
  トマトは待っていてくれた。生い繁る緑の葉の中に、熟し切った5000個の真赤なトマトが実る姿は、『地球交響曲』の最後を飾るのにふさわしく、実に美しく見事だった。
  トマトの撮影を終え帰宅した次の日、夕方5時頃の事だった。また野澤さんから電話が入った。
  「龍村さん、昨日温室で変な事があったんです。真夜中に温室の中から奇妙な音が聴こえるので、当直の者が覗きに行ったんです。するとなんとあの5000個のトマトが間断なくボタボタと落ち続けているんです。奇妙な音はその音だったんです。そして今日の昼頃にはほとんど全部落ちてしまいました。写真を撮りましたのでお送りします」
  送られて来た写真は、その前日とは似ても似つかね、生い繁る緑の葉だけになったトマトの姿だった。写真には野澤さんの短いコメントが添えられていた。“私は何度もトマトの巨木を育てて来ましたが、たった一晩で全部の実が落ちてしまったという経験は初めてで驚いています”。科学者である野澤さんは、決して非科学的だと思われるような物の言い方はされない。ただ、こんな事実がありました、と客観的に示されただけだ。しかし野澤さんが言いたかった事は手に取るようにわかる。
  「トマトはあなた方の帰りを必死で待っていたんです。そして自分の使命がようやく終わったと思ったとたん、ハーッと息を抜いて一気に全部落ちたんでしょう。今回は撮影のために生きたんですから」
  こんな風に書くと、それはあまりにも考え過ぎだと思う人もあるかもしれない。確かに今の私達はトマトに“心”があると証明する科学的方法を持っていない。だいたい“心”そのものが最も科学的説明のできないものだ。だから、この事実もやはり“単なる偶然”と考える人がいても当然だろう。
  しかし、“単なる偶然”と思うか“トマトは知っていたかも”と思うかで一つ大きな違いが生まれる。それは私達の心に起こる喜びの度合いの差である。“単なる偶然”なら、せいぜい“運が好かったね”という程度に終わってしまう。ところが“ひょっとしてトマトは知っていたかも‥‥”と思うなら、限界を10日も過ぎて待っていてくれたトマトに出会った時、心が湧き立ち心の奥底から“ありがとう”と言いたくなる。そして自分自身がとても幸せになる。それがまたトマトに伝わり、あり得ない“偶然”をつくるのかもしれない。

■ “肉体を完全に開け渡す”ことによって宇宙的覚醒の認識に至る

 “死の地帯”に潜入した事のある男たち

  メスナーの後姿は明らかに「女性」だった。私の眼前10mほどのところを、ほとんど地に足が着いていないのでは、と思う程に軽やかなステップで下ってゆくメスナーの後姿を見ながら、突然そのことに気付いた。彼は多分“両性具有”の存在なのだ。
  メスナーに出会って4日目、斜度50度を超える急峻な崖を一気に駆け登る彼独特の訓練の撮影を終え、帰路についた時の事だった。“死の地帯”に潜入した事のある男達はみな、ある独特な“瞳”を持っている。
  メスナーしかり、FIのセナ、潜水のマイヨール、宇宙飛行士のシュワイカート‥‥。
  彼らと面と向かって話をしていると、いつもその澄み切った“瞳”の虚空に吸い込まれて、彼らの現実の肉体を見失ってしまいそうな恐怖にかられる。私の肉体がその透明な“瞳”に吸い込まれて、無限の青い宇宙に浮遊してしまいそうな、そんな甘美な陶酔に誘われる恐怖だ。もちろん彼らにはそれぞれ独自の強烈な個性があり、顔形があり、表情がある。しかし、面と向かって話しているうちに、そうした、いわば“個性”に所属した印象がいつの間にか消えてゆくのだ。
  彼らには、いわゆる、生の男臭さがない。だからと言って中性的というわけでもない。女性からみれば、多分彼らは、今すぐにも抱かれたいと思う程男性的魅力にあふれているだろう。だから彼らは“恋人”には事欠かない。その性的魅力の源はあの“瞳”に違いない。私はそう思っていた。
  ところが、メスナーの後姿を見ていてはたと気付いたのだ。そこに漂っていたのは、死を賭して冒険に挑む男性の“気”ではなく、まさに女性の“気”だった。全てを優しく受け入れようとする母性の“気”だった。
 “瞳”が見えない分、その事がよく見えた。“死の地帯”に潜入した事のある男達はみな、その体験を通して自らの身体の内奥に潜む「女性」性を解き放ち、霊的なレベルで“両性具有”の存在になるのかもしれない。あの“瞳”の限りない透明感は、その事の証なのかもしれない。
  ところで、自ら進んで。“死の地帯”に潜入した事のある男達の共通体験とはどんなものなのだろうか。それは多分“肉体の完全な開け渡し”の感覚、俗に言う“幽体離脱”の体験だと私は思う。

  1970年、ナンガ・パルバート峰へ最初の単独登攀を試みた時の事でした。下山の途中私は800mの崖を墜落したのです。その時、私は墜ちてゆく自分を、上から静かに見つめているもう一人の自分がいる事に初めて気付いたのです。人間は実は二つの次元に生きている。しかし、その一方がふだんは見えない。(ラインホルト・メスナー)

  深海の果てしなく青い静寂に包まれてただ一人になる時、時間と空間と光はひとつのものとなり、私は、私の呼吸を一時止めて宇宙の呼吸に身を委ねる。その時私は両棲人間という私の真の本性と再会し、ひとつの“宇宙の歯車”に再び還っている自分を再発見する。(ジャック・マイヨール)

  ナンガ・パルバートで墜落した瞬間、メスナーはある意味で全てを放棄した。生きたい、助かりたい、という想いすら一瞬に消えていた。何かとてつもなく大きな存在に全てを委ねてしまったような不思議な安堵感があった。その時彼は、墜ちてゆく自分を見つめるもう一人の自分に気付いたのだ。時間の流れがふだんの“現実”の流れとは全く違っていた。永遠と一瞬は同じことであり生と死はひとつの表裏なのだということにもその時気付いた。
  そしてふと“気が付く”と彼は崖の途中にほんの1〜2mはり出した棚の残雪の上に横たわっていたのだ。墜落の途中何度か岩に激突したはずなのに、骨は折れていなかった。メスナーはそれからさらに数千mの急峻な崖を一人で下り、4日後麓の村にたどりついたのだった。その時のメスナーの顔はほとんど“死人”だったという。骨こそ折らなかったが凍傷で足の指6本を失った。
  メスナーは何故800mも墜落しながら骨一つ折らなかったのだろうか。この事実も“肉体を完全に開け渡す”感覚との間には深いつながりがあるように私は思う。肉体が完全に開け渡された状態にある時、自我の束縛から(意識の束縛から)解き放たれた肉体は自然の摂理として、生きるための機能を自然に最大級に発揮する。衝撃に対しても、意識を通過しないで何かの防衛機能が瞬時に発現しているのかもしれない。
  肉体が“自我”や“意識”の束縛から解き放たれた時、人間はいわゆる“超能力”を発揮するのではないだろうか。

 内なる「女性」性を解き放つ

  その事を確かめたいためにメスナーは墜落体験以後、ひとりで酸素ももたず8000m級の山への挑戦を続けたのだろう。
  この“ひとりで”という事には様々な示唆が含まれている。もし誰かと登れば、必ずその人の“自我”の影響を自分も受けることになる。もちろんその影響がプラスに働くこともあるが、8000m級の山のような“死の地帯”では、共に登っているパートナーヘの心遣いや心配が呼吸や心拍数に影響を与え肉体の限界点がはやく来てしまう。
  だから、メスナーはひとりで登ることにした。また、たとえひとりで登っている時でも、麗で待っていてくれる最愛の恋人の事を想うだけでも、心が乱れ死につながることがあるという。その心の乱れが脈拍を速め、酸素消費量を増し、したがって限界が早く訪れるのだ。“自我”から生まれる心の束縛から肉体を解き放つことこそ“死の地帯”で生き続ける鍵なのだ。何しろ8000m以上の山の上では、酸素は地上の1/3しかないのだから。
  世界の最高峰エベレストに登っている時の事だった。頂上へのアタックを開始した直後に彼は深いクレバスに墜ちた。単独登攀でクレバスに墜ちるというのはほとんど致命的な事だと言ってよい。幸い背負っていたリュックがひっかかって深さ15m程のところで体は止まった。上からザイルを降ろしてくれるような仲間はもちろんいない。
  彼は両手両足で氷の壁を突っ張りながら数時間かかってようやくクレバスを脱出した。その時、からだに蓄えていた“体力”をほとんど使い切ってしまった。それから彼は項上に向かって登り始めた。ものの15歩も歩むとからだの中のエネルギーが完全になくなったように感ずる。そこで止まってただ静かに深く呼吸をする。すると外から何かとてつもなく大きなエネルギーが体内に流入してくるのがわかる。そこでまた歩み始める。するとまた空っぽになる。それを繰り返しているうちに彼は自分のからだがしだいに透明なガラスになってゆくように感じたと言う。
  からだの内側と外の世界との間に境目がなくなり、外の自然・外の宇宙に自分が完全に溶けてしまっている。自分のからだは、自然の、宇宙の大きなエネルギーの通り道なのだという事を体感する。人間はもちろんの事、他の動物も草も木も水も風も全てが同じこの大きな宇宙のエネルギーの通り道なのだ、という事を意識ではなくからだが確信し始めている。自分のからだをつくっている10の28乗個もの細胞の一つ一つが、その事を喜んでいる。
  彼は、今自分が何をしているのか、という事も忘れ、ただその至福の喜びに浸りながら歩みを進めていた。そしてふと気付くと、この地球上で最も宇宙に近い場所・エベレストの頂上、8848mの地点にひとりで立っていたのだった。
  彼は“死の地帯”に潜入することによって、人一倍強い自我の束縛から肉体を解き放ち、宇宙的な生命力に身を委ねる事によって全ての生命との深い連帯感に覚醒(めざめ)たのだ。この体験こそ、マイヨールの深海における体験と共通している。「私は、私の呼吸を一時止めて宇宙の呼吸に身を委ねる。その時私は‥‥」
  “宇宙的覚醒”に至る鍵の一つは“肉体を完全に開け渡す”感覚を知る事だと私は思う。しかしそのためにメスナーやマイヨールのように誰もが、“死の地帯”に潜入する必要はない。特に女性は生来的にこの感覚を知っている。性の究極の恍惚感において、あるいは子供を生む至福の一瞬において‥‥これが男性の場合は多少難しい。自らの肉体を外の宇宙から切り離して立(勃起)たせようとするのが「男性」性のエネルギーだからだ。しかし道はいくらでもある。身近な女性から学べばよい。人という種の半分は女性なのだから。そして母なる星地球そのものが“母性”なのだから。全ての男性にとって“宇宙的覚醒”とは自らの内なる「女性」性を解き放つことだと言ってもよいだろう。メスナーの後姿はその事を示していた。

なわ・ふみひと ひとくち解説
  最初の話は、映画「ガイア・シンフォニー(地球交響曲)」の第一作を飾ったトマトの巨木にまつわる裏話です。「植物(トマト)にも“心”がある」という考えを、あなたはどう受け止めましたか? 私は真っ直ぐうなずいてしまいます。私自身もそのことを実感するような体験をいくつか持っているからです。この地球に生きとし生けるものにはすべて“心”が宿っていて、いま地球の次元上昇に向けて、密かに魂の昇華の準備をしていると考えるほうが正しいような気がします。
  2番目の話は、メスナーがナンガ・パルバートで墜落したときの体験談です。メスナーは「ある意味で全てを放棄した。生きたい、助かりたい、という想いすら一瞬に消えていた。何かとてつもなく大きな存在に全てを委ねてしまったような不思議な安堵感があった」と述べています。この感覚こそ、私たちが終末の大峠において体験する(すべき)ことだと思います。おそらく圧倒的多数の人が遭遇することになると思われる大天変地異に直面して、物質的な欲望はもちろん、この世での人間関係などすべてのしがらみから心を離して、神様(絶対神、スーパーパワー、宇宙を貫く大法則)に身を委ねるとき、私たちはこの物質地球とともに次元上昇するのだと確信しています。
  その段階でまだこの世的なものに対する執着心が強い人は、俗に言う「救われない人」となり、次元上昇することができないということです。死の世界と隣り合わせになったときに、人はスーパーパワーとつながり、そこに全てを委ねる心境になるに違いありません。そのことを通じて、封印されている脳が活性化され、新しい次元を生きる条件が整うことになるのだと理解しています。そういう意味で、終末は人類にとって大変ありがたいチャンスの到来と受け止めるべきなのです。
  ここにご紹介したような素晴らしい撮影の裏話がちりばめられているこの本に目を通しますと、「ガイア・シンフォニー」という感動的な映画をプロデュースされた龍村氏の鋭い洞察力に、改めて脱帽させられる思いです。
 
 [TOP]