2020年8月
首都直下・南海トラフ
日本消滅
この本(無料電子ブック)のあらすじ
 
 

@ この国は幕末・明治維新から世界支配層に乗っ取られている。

A 彼らは東日本大震災(人工地震・津波テロ)で「日本沈没」を試みたが、いくつかの手違いがあって日本は沈没しなかった。

B しかし、彼らは「日本沈没」をあきらめたわけではなく、再度「日本沈没テロ」を実行しようとしている。

C 次の「日本沈没テロ」の手段として、彼らは日本に3つの時限爆弾をセットし、いつでもスイッチが押せる状態で、いま「Xデー」を待っている。

D 日本にセットされている3つの時限爆弾とは、@首都直下地震、A南海トラフ巨大地震、B富士山の噴火で、3つを同時多発的に爆発させるものと思われる。

E 今回の「新型コロナ騒ぎ」は、3つの時限爆弾をセットした日本に世界のVIPを行かせないため、世界支配層が中国を使って仕掛けた「人工ウイルス」によるものである。そのため、先進各国で新型コロナウイルス問題が沈静化しても、日本は地震の日まで外国人を受け入れない国にしておかれる。

F 今回の「日本沈没」テロでは、日本の長期ブラックアウト(電源消失)を狙っていると思われるので、社会のインフラが破壊され尽くした日本の復興の道は閉ざされ、深刻な物不足と食料危機に陥る可能性が高い。

G 特に首都直下地震と南海トラフ巨大地震の被災想定エリアに住む人たちは、地震、火災、津波のために大半が住む家を失い、避難所も十分確保できない状況で飢餓状態に陥ることが確実と思われる。

H 3つの時限爆弾が爆発する「Xデー」は今年の8月の可能性が高い。(その理由は本文を参照ください)

I では「日本沈没テロ」に何を備えたらよいのか。(国や行政は何もしてくれないので、自分で準備しなくてはいけません)

「日本沈没」=「日本列島が海に沈む」という意味ではなく、「日本という国が消滅する」という意味です。
 
 
← [BACK]          [NEXT]→
 [TOP]