効果がないどころか超有害!
ワクチンの罠
船瀬俊介・著 イースト・プレス 
第1章 「子宮頸がんワクチン」の真実

 ワクチン“強制接種”の時代がやってくる

 アダムズ氏は断言する。
「子宮頸がんワクチンの目的は大手製薬会社の利益であり、米国政府が計画している各種ワクチンの“強制接種政策”の地ならしです」
 ワクチンは100種類近い毒物の混合エキスだ。効果がないなら、残るは毒性のみ。実際に深刻な副作用が社会問題となっている。それを米国政府は、全国民へ“強制接種”しようとしている。
 この動きは世界各国へと広がっている。むろん、米国の“属国”である日本も例外ではない。若手批評家グループ「THINKER」は、「子宮頸がんワクチンは、世界規模のバイオテロ」と真正面から告発する。
「自分には関係ないと思われた男性もいるかもしれません。しかし、世界の動きを見ていると、どうもそうはいっていられなさそうです。とくに最近のアジュバント(免疫増強剤)を添加した、各種の新型ワクチンがもたらす人休への長期的な影響については、不妊症を引き起こす可能性もささやかれている。子宮頸がんワクチンも例外ではありません。大げさに聞こえるかもしれませんが、ワクチン接種はもはや人類の存続問題としてみたはうがいい……」
 日本では2010年8月、厚生労働省が子宮頸がんワクチン接種の予算として、150億円を申請。自民党の三原じゅん子参院議員ら、女性議員が推進キャンペーンのため東奔西走し、国の全額負担を求める助成運動も各地で行なわれた。テレビでは、女優の仁科亜季子さんが実娘とCMに出演、ワクチン接種の必要性を切々と訴えた。
 もちろん、彼女たちは善意で、真摯に活動しているのだろう。しかし、これまで述べてきたように、ウィルスは子宮頸がんの原因ではない。ならば接種政策も、推進キャンペーンも根底から崩壊する。子宮頸がんワクチンをめぐる騒動は、壮大なるひと幕ものの悲喜劇でしかない。
 いまこのときも、副作用による深刻な後遺症に苦しんでいる方が大勢いる。亡くなられた方もいる。平和だった家族をある日突然失った、ご両親の苦悩も想像を絶する。
 これは国際規模の大陰謀である。悪質な詐欺罪であり、傷害罪、殺人罪だ。決して許されるものではない。
 
← [BACK]          [NEXT]→
 [TOP]