効果がないどころか超有害!
ワクチンの罠
船瀬俊介・著 イースト・プレス 
第1章 「子宮頸がんワクチン」の真実

 がん死者の8割は「がん治療」で殺されている

 子宮頸がんの話に戻ろう。
 厚労省は、年間約1万人が子宮頸がんにかかっていると発表している。それはこのようなペテンの極みのがん検診で、子宮頸がんに仕立て上げられた結果にすぎない。たんなる炎症を、がんだとでっち上げているだけだ。
 口内粘膜が炎症を起こすように、子宮頸部の粘膜も感染によって炎症を起こす。HPVウイルスの感染でも、炎症や異形成(上皮細胞の慢性変化)を起こすこともあるだろう。それをがん検診で見つけた医師は小躍りする。
「がんだ!」
 細胞病理医に標本を送る。病理医は、「怪しいものは全部がんにしろ」と指示されている。だから迷わず“気分”でがんにする。こうして患者は「あなたはがんです」と告げられる。その瞬間、患者と家族は、地獄の底に突き落とされる。かくして、ブラックコメディーの幕が切って落とされる。
 近藤誠医師は「がんという病気の概念を広げて、人為的にがんをつくっている」と警告する。実際、医療現場では「上皮内がん」は子宮頸がんの一種として扱われている。この場合、ほとんどが性行為で感染するHPVの痕跡がある。本当はHPVによる炎症のたぐいでも、それだけでがんにしてしまうのだ。これぞ“がんもどき”。
 似たようなケースに、男性の前立腺がんがある。近藤医師によれば、悪性はわずか2パーセント。残り9パーセントは、何もしないほうがよい良性という。告知に青ざめ右往左往した人は腹立たしくなるだろう。
 ちなみに、米国政府は2012年、前立腺がん診断に使用されるPSAマーカーを有害無益だと表明。従来の“推奨”を、手のひら返しで否定した。乳がんマンモグラフィー検査も同様である。
 子宮頸がんワクチンの厚労省の対応とそっくりだ。ウソがばれたとき、政府や役人の逃げ足は早い。
「しかし……」
 ここまで読んだ読者から、きっとこんな反論も出るだろう。
「現に、毎年2,700人が子宮頸がんで亡くなっているじゃないか。“がんもどき”なら死ぬわけがない!」
 いい質問である。結論からいえば、彼女らは「がん治療」で本物のがんにさせられたのだ。子宮頸がんに限らず、がんにでっち上げられた患者が病院に行くと、“三大療法”を施される。すなわち抗がん剤、放射線、手術である。
 抗がん剤、放射線には強烈な発がん作用がある。たとえば、現場でもっとも使われている抗がん剤のルーツは、先の世界大戦で使用された毒ガス兵器、マスタードガスだ。そのがん死リスク、なんと41倍……。それが抗がん剤の正体なのだ。
 子宮頸がんの患者も、これら強烈発がん物質を投与され、猛烈な発がん性のある放射線を照射される。手術で輸血を受ければ、免疫力は最悪およそ5分の1に低下。すると、がん細胞は猛烈に増殖する。こうして三大療法プラス輸血で、めでたく“がんもどき”を、本物の悪性がんに育てるのだ。
 死亡したがん患者の80パーセントは、がんではなく「がん治療」で殺されていたとする臨床データもある。政府が発表する子宮頸がんの年間死者数2,700人大のうち、少なくとも2,000人あまりは抗がん剤で毒殺、放射線で焼殺、手術で斬殺されたのだ。
 米カリフォルニア大学のジェームス・ハーディン博士は、こんな研究結果を発表している。
「がん治療を受けた人の平均余命は3年。一方、がん治療を拒否した人の平均余命は12年6
力月である」
 がん治療を拒否した人は、治療を受けた人より4倍以上も長く生きることができる。がん治療こそが、がん患者を大量殺戮している決定的証拠だ。
 厚労省は、子宮頸がんワクチンを接種した女性たちに子宮頚がん検診をあわせて勧めている。これもまた恐ろしい罠である。ここまで読まれた読者ならピンとくるだろう。たんなる粘膜の炎症を、がんに仕立て上げられるおそれがきわめて高いのだ。
 
← [BACK]          [NEXT]→
 [TOP]